2010年04月03日

天然酵母のパン屋さん


以前、こちらで働いていた人が天然酵母のパン屋さんをされています。
美味しいシフォンケーキを頂きました。
とってもふわふわで、ほど良い甘さで優しい愛情が伝わってきました。

シフォンケーキ.jpg

コンセプトは子供に食べさせたいパンです。
好き嫌いの激しい息子さんに習いたての天然酵母のパンを食べさせたら、喜んで食べてくれたのがきっかけのようです。
そんな親心から始まったパンを皆様もご賞味ください。→APRESTO
posted by shin at 13:51| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

桜だよりが続々と


各地から桜だより カメラ が届いています。

まずは福岡の宮地嶽神社の桜です。
宮地嶽神社の桜.jpg

桜の幹から直接花が…生命力が溢れていますね。元気な子供のような桜の花です。
桜の幹に花.jpg

こちらは大阪城の桜が満開です。やっぱりお城と桜はお似合いです。
大阪城の桜.jpg

福岡の方は雨風で桜も粉雪のように散り始めました。
今週でお別れになるでしょう。
北日本からのお便りをお待ちしています。
posted by shin at 10:43| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

熊野本宮の桜


和歌山県のシンアツシン指導員から桜だよりが届きました。

カメラ 和歌山県新宮市から奈良県五條市に抜けるルート168に世界遺産熊野本宮大社があり、途中道路には桜が咲いています。
大宮大社沿いの桜.jpg

熊野本宮前の枝垂れ桜が見事でした。
大宮大社前の桜.jpg

熊野本宮の創祀は下記の様なあらましとなります。
崇神天皇六十五年に熊野連(くまののむらじ)大斎原(旧社)において、大きな櫟(いちい)の木に三体の月が降りてきました。
それを不思議に思い「天高くにあるはずの月がどうしてこの様な低いところに降りてこられたのですか」と尋ねました。
その真ん中にある月が答えて曰く、「我は證誠大権現(家都美御子大神=素戔嗚大神)であり両側の月は両所権現(熊野夫須美大神・速玉之男大神)である。社殿を創って齋き祀れ」との神勅がくだされました。
これが社殿造営の始まりとする降臨神話となっております。
ここは神話の御代より熊野の国となっており、大化の改新(西暦六四五年)まで続きました。
熊野大宮大社案内図.jpg
ラベル:熊野本宮
posted by shin at 11:46| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

桜にウグイス


奈良県のシンアツシン指導員の方から桜だよりが届きました。
体験会場前には立派な枝垂れ桜が咲き乱れています。

奈良県吉野会場前の桜.jpg

撮影中にどこからともなく、ウグイスが飛んで来て、「ホーホケキョ」と挨拶をしたようです。
春の訪れを私たちに教えたかったのでしょうか。演出家のウグイスです。

吉野会場、ウグイス.jpg
ラベル:
posted by shin at 13:52| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

宮崎の神様


宮崎のシンアツシン指導員の方からユニーク写真が二枚送られてきましたので紹介します。

田の神さあ.jpg
一枚目は「宮崎の田の神像」。
一般には「田の神さあ」と呼ばれています。
「神官型」「農民型」「地蔵型」と大きく三つに分類されていますが、そうした一応のタイプはあるにしても、どれひとつとして同じ顔がありません。
それぞれがあまり似てもいない個性の豊かさがあります。
三百年ほど前に出現して以来、田を守り、人々の暮らしを見つめてきた田の神さあには、土地ごとの長い歴史をそのまま映しているようです。

二枚目は青井岳渓谷ラインにあったオブジェです。
地元の人たちから子供のように愛され、服や帽子をかぶせられています。皆様も面白いものがあったら教えてください。

青井岳渓谷ライン.jpg
ラベル:田の神
posted by shin at 11:13| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

桜島と日本一の楠


鹿児島のシンアツシン指導員から桜島のリアル写真が送られてきました。

桜島の煙.jpg


「わが胸の燃ゆる思いにくらぶれば煙はうすし桜島山」(幕末の勤皇家・平野國臣)
桜島の煙を見る度に、この歌を思い出します。
福岡藩が時流の乗っていたならば、維新前後に大きく功績を残したであろう平野國臣や加藤司書らの無念の死を悼みます。

次に紹介するのは鹿児島の蒲生町にある「日本一の大楠」です。
楠木.jpg
樹齢1500年を越える生命力には頭が下がります。
一度、機会があれば訪ねて、そのエネルギーを頂きたいものです。

ひらめき 楠の香りは人間にとっては心地よいものですが、ゴキブリやムカデなどにとっては、とても嫌な臭いです。楠のオガクズを小さなカゴに入れて部屋の四隅に置くと退治できます。自然には自然の対応が一番ですよ。


ラベル:桜島
posted by shin at 15:01| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

和歌山の桜だより

和歌山のシンアツシン指導員から桜だよりが送られてきました。
下の写真は本州最南端に位置する和歌山県の串本町にある、吉野熊野国立公園の案内図です。
岩が連なって見えるのは天然記念物の「橋杭岩」です。

吉野熊野国立公園.jpg
吉野熊野国立公園.jpg


〈橋杭岩の伝説〉
「その昔、弘法大師が紀州行脚の際、この地に立ち寄り、向かいの大島へ渡るため、天邪鬼に手伝わせて橋を架け始めたが、天邪鬼がくたびれて、鶏の鳴き声をまねたので、大師も夜が明けたと思って中止し、その橋の杭だけが残ったとされている」

串本町の桜.jpg
串本町の桜2.jpg


本州最南端だけあって、串本町の桜も満開 かわいい です。
これからが楽しい季節ですね。わーい(嬉しい顔)
ラベル:
posted by shin at 13:18| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | あの町この街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

建築中のお城?


シンアツシン指導員の方からお城の写真を送って頂きました。
といっても古いお城ではなく、建築途中のお城です。

森岡城入口.jpg

森岡城.jpg

建築しているのは宮崎県えびの市にある会社。
着工から27年、今も城内、庭園などの工事を行っています。
名前は(クリック→)森岡城です。春の花見には沢山の人が訪れるようです。完成が楽しみですね。
ラベル:森岡城
posted by shin at 13:32| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | あの町この街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

宮崎の桜が満開


宮崎でシンアツシン指導員の方から桜の写真が送られてきました。
宮崎と都城の途中の満開桜です。

山桜.jpg


s-100313_162038.jpg


下の写真はシンアツシンの体験会場の庭です。露天風呂がある旅館が会場になってます。風情がありそうですね。

s-100313_132538.jpg

かわいい 今年は寒暖の差が激しく、開花予想も的外れが多いようです。これから各地の生のサクラ前線をアップしていきたいと思います。お楽しみに。わーい(嬉しい顔)




ラベル:
posted by shin at 13:32| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | あの町この街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

おからサラダ


豆腐屋さんから、おからを沢山いただきました。
早速、とってもヘルシーな、おからサラダを作りました。
簡単レシピを紹介します。(噂の料理人:かめい)

おからサラダ.jpg

【材料】生のおから、野菜(にんじん、きゅうりなど)、ハム、ゆで卵…ポテトサラダに入れる材料など何でもOK!
【手順】@野菜はゆがいて水切りAきゅうりは塩もみBハムは細切りにCゆで卵をつぶすDおからと他の材料を全部混ぜるE最後に塩、コショウ、マヨネーズで味付けします。
ひらめき簡単で安上がり、とっても健康的なおからサラダを毎日の弁当のお伴にどうぞexclamation
ラベル:おからサラダ
posted by shin at 13:36| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。